MENU

ブラーバの選び方と実際使ってみたメリット・デメリットをご紹介。子育て世代に特におすすめ!

当ページのリンクには広告が含まれています。

このブログでは子育てに関する情報を発信していきます。

この記事はこんな方にオススメ
  • ブラーバの購入を考えている人
  • どのブラーバを購入すればいいか悩んでいる人

赤ちゃんが産まれて、ハイハイが始まると、床の汚れが気になってきますよね。

また、子供が大きくなってくると、子供が汚してベタつきが気になったりします。

そんな時に、床を自動で拭いてくれるお掃除ロボット、ブラーバが大変便利です。

しかし、ブラーバーにも390j・380j・371jなど色々な種類があったり、機能や価格も様々。

そこで今回は、ブラーバの選び方と、実際に使ってみてわかったメリット・デメリットをご紹介します。

目次

ブラーバとは?

ブラーバはルンバでお馴染みのiRobotから販売されている、拭き掃除用のロボットです。

ルンバでゴミを吸い取った後に、ブラーバで拭き掃除をすれば、ざらつきやベタつき汚れも自動で掃除でき、ピカピカの床になります。

ブラーバの選び方

ブラーバはいくつか種類があるので、選び方をご紹介していきます。

各シリーズの特徴を比較

特徴や機能を比較してみましょう。

スタンダートなブラーバ300シリーズはコスパ重視

画像引用:Amazon.co.jp

コスパを重視するならブラーバ300(390j・380j)シリーズがおすすめです。

ブラーバ専用クロスだけでなく、市販のお掃除シート(クイックルワイパーや100円ショップのシート)も使用できる唯一のシリーズです。

ハッピーライフスタイルショップ
¥31,800 (2024/04/12 16:02時点 | 楽天市場調べ)

コンパクトなブラーバジェット200シリーズは狭い部屋を掃除したい人向け

コンパクトなブラーバジェット200(250・240)シリーズは、ジェットスプレーで水を噴射しながら拭き掃除をする、コンパクトモデルです。

コンパクトな本体が部屋中を効率的にまわり、細かく振動して掃除をしてくれます。

リサプラ 楽天市場店
¥41,374 (2024/04/12 16:02時点 | 楽天市場調べ)

最上位クラスのブラーバジェットm6は機能重視

画像引用:Amazon.co.jp

最新モデルのブラーバジェットm6は、最高機能搭載モデルです。

ジェットスプレーで水を噴射しながら、床を隅々なまでキレイにしてくれます。

スマホから掃除したい時間や部屋を指定でき、不在時でも掃除できます。

さらに、ブラーバジェットm6は、高度なマッピング機能が搭載されており、複数の部屋を掃除できるため、家中掃除してくれます。

充電も自動でしてくれ、自動で再開もできるで、充電切れの心配がありません。

アイロボット公式 楽天市場店
¥69,800 (2024/04/05 15:29時点 | 楽天市場調べ)

がんこな汚れやベタつきの掃除にはジェットモデルがおすすめ

床についたがんこな汚れやベタつきを掃除したいなら、ジェットスプレー機能がついたブラーバ200シリーズ、ブラーバジェットm6がおすすめです。

ジェットスプレーを噴射して汚れを浮かせてから拭き取ってくれるため、床がピカピカになります。

お子さんの食べこぼしでベタベタになった床の掃除はジェットモデルがおすすめになります。

ブラーバの比較一覧表

ジェットスプレーの有無、掃除できる部屋の広さ、スマホ連携、価格などを比較し、しっかり選びましょう。

スクロールできます

ブラーバ 380j

ブラーバジェット 240

ブラーバジェット m6
ジェットスプレー×⚪︎⚪︎
ウェットモード⚪︎(3回水拭き)⚪︎(3回水拭き)⚪︎(3回水拭き)
ドライモード⚪︎(2回から拭き)⚪︎⚪︎(3回から拭き)
ダンプモード×⚪︎(2回水拭き)×
市販のシートの使用⚪︎××
スマホ連携×⚪︎(Bluetooth)⚪︎(Wi-Fi/Bluetooth)
自動充電××⚪︎
水タンク容量100ml150ml445ml
清掃範囲最大56畳 (ドライ)
最大20畳 (ウェット)
最大15畳 (ドライ/ダンプ)
最大12畳 (ウェット)
最大60畳 (ウェット/ドライ)
サイズ幅24.4cm
奥行21.6cm
高さ7.9cm
幅17.8cm
奥行き17cm
高さ8.4cm
幅25.2cm
奥行き27cm
高さ9cm
重さ約1.8kg約1.2kg約2.2kg
価格34,230円39,000円69,800円
購入する購入する購入する
ブラーバの比較
画像引用:Amazon.co.jp

我が家ではコスパ重視のブラーバ300シリーズ

我が家で使用しているブラーバ300シリーズのメリットをご紹介していきます。

実際使ってみたメリット

1. ベタつきが気にならくなった

我が家では子供のパクパク期が始まる1歳ごろにブラーバを購入したのですが、食べこぼしでベタつきがひどくて、床の掃除が大変でした。

しかし、ブラーバを買ってからは自動で床の掃除をしてくれるので、子供の食べこぼしも、それほど気にならなくなりました。

2. 妊娠中でも掃除が楽

2人目妊娠中の現在ですが、床を拭く体制を撮るのが大変です。

ブラーバに掃除を任せると、狭いベッドの下なども自動で掃除してくれるため、妊娠中でも簡単に拭き掃除ができます。

ルンバと組み合わせることで自動化

ルンバとブラーバをセットで使用することで、床の掃除はお掃除ロボットに任せられます。

つまり、床掃除は何もしなくて良くなるので、大変おすすめです。

実際使ってみたデメリット

そしてデメリットです。

水だけではキレイになってるのか不安

ブラーバーでのお掃除は、基本的に、から拭きか水拭きになります。

水だけでキレイになってるのか不安になったため、我が家では、専用の洗剤を使用しています。

こちらの洗剤を使用することで、床は水の時よりもピカピカになりました。香りも、すっきりした香りが漂うので、きれいになった!という感じがしておすすめです。

アイロボット公式 楽天市場店
¥968 (2024/04/04 10:11時点 | 楽天市場調べ)

水と洗剤が入れづらい

ブラーバ300シリーズはタンクの入り口が狭いため、水や洗剤が入れづらいです。

最初はこぼすことも多かったので、慣れが必要です。

慣れてしまった現在は、ほとんどこぼすことはなくなりました。

おわりに

子育て中は、忙しくて、掃除をするのも大変です。少しでも楽できるように、お掃除ロボットを使うことを検討してみましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次